コウモリ駆除と鳩駆除を行なう【まずは相手を知ろう】

コウモリやハトの駆除は業者に依頼してスパッと解決

コウモリ駆除の前に生態を把握

コウモリ

日本国内に生息しているコウモリの種類は、絶滅種を含めると36種類にも及びます。中でもイエコウモリは建物内部に営巣するため、都心部でもよく目にすることが出来ます。都心部ではコウモリ駆除を依頼する人が後を絶ちません。これからコウモリ駆除を行なうのであれば、都会で繁殖するイエコウモリの生態を確認していきましょう。

イエコウモリの生態に関する情報

イエコウモリは都心部に多く生息しているコウモリです(30代/コウモリ駆除・鳩駆除業者)

イエコウモリは都心部や市街地など平野部に生息しているコウモリになります。コウモリの種類の中でも現代社会に溶け込んでいるタイプで、建物の少ない山や森にはあまり生息していないのが特徴です。

イエコウモリの平均寿命は5年程度(40代/害獣駆除のプロ)

イエコウモリに限らずコウモリの平均的な寿命は3年から5年ほどになります。出産回数はその他の害獣と比べて少なく、一回で出産する子供の数は2、3匹程度でそこまで繁殖能力は高くはありません。しかし一度気に入った場所を見つけると、そこに長い間定住し群れを形成するのが特徴です。

コウモリの翼はハトのような鳥類とは異なる(20代/コウモリ駆除と鳩駆除のプロ)

コウモリは鳥類のように空を飛び回ることが出来ます。しかしコウモリの「翼」の構造はハトのような鳥類とはまったく異なります。コウモリの翼には羽は一切生えておらず、伸縮性のある飛膜を利用して空を飛んでいるのです。空を飛ぶことが出来るコウモリは鳥類と勘違いされやすいのですが、実際には我々人間と同じ哺乳類に分類されます。ちなみに今までもコウモリをハトと間違え鳩駆除を依頼してきたお客様も多くいらっしゃいます。

コウモリは超音波で飛行します(50代/生態研究所勤務)

コウモリは人間の耳では聞くことの出来ない超音波を利用することが出来る、というのも大きな特徴の1つです。飛行する際に、自身から放たれた超音波の反射を鼻で感知し進む方向を決めているとされています。夜行性のコウモリが暗闇の中をなんなく飛行することが出来るのはこの超音波のおかげというわけなのです。

まとめ

このように我々同じ人間と同じ哺乳類でどこか憎めないような雰囲気がコウモリにはありますが、シチュエーションによっては被害を受けてしまう可能性もゼロではありません。実際にコウモリによって被害を受けたという事例は数多くあります。コウモリの被害を受ける予兆があるという方は早めにコウモリ駆除業者へ連絡しましょう。

コウモリだけでなくハトの生態も把握しておこう

コウモリと同じように都心部に生息する害獣として有名なハトですが、ハトの被害を最小限に抑えるためには、まずはハトの生態を知ることが大切です。これから鳩駆除を行なうのであれば、コウモリ駆除の時と同じように、まずはハトの生態を知っておくと良いでしょう。

ハトの生態

ハトはコウモリのようにビル群、住宅地、公園、などあらゆる場所に生息しています。都会に住むハトはマンションのビルのような雨風をしのぐことの出来る建物の内部に巣を作ります。またコウモリと同様に気に入った場所を見つけると長い間定住してしまうので、鳩駆除を行なう際には実に厄介です。またハトは生息している環境に合わせて一定の生活動線を持っているとされているため、一度鳩駆除を行なっても、しばらくすると再び戻ってきて巣を作りなおしてしまうことも珍しくありません。コウモリ駆除と同じように、鳩駆除も根気が要ります。

TOPボタン