コウモリ駆除の常識【駆除前に予習】

コウモリやハトの駆除は業者に依頼してスパッと解決

コウモリ駆除の前に知っておくべきこと

コウモリ駆除に限らず、鳩駆除といった「駆除」という言葉に対して、勝手なイメージを持っている人も少なからずいるかもしれません。しかし実際はそうではないのです。

その1【コウモリやハトの勝手な捕獲や駆除は禁止されている】

鳥獣保護法により捕獲も傷つけることも禁止されてます(20代/駆除専門業者(コウモリ駆除・鳩駆除担当)

コウモリ駆除や鳩駆除と聞くと、尊い命を奪うイメージを持っている人も多いでしょう。しかし実際のコウモリ駆除や鳩駆除では、むやみに命を奪うことはありません。コウモリやハトは鳥獣保護法という法律でしっかりと守られています。法律を無視して駆除作業を行なった場合、法に則って罰を受けることになります。

その2【コウモリの繁殖能力】

コウモリは出産時期がコントロールできる(40代/生態研究所勤務)

一般的なコウモリの場合、出産時期を夏に合わせてコントロールしているとされています。冬を避けるのは、餌が取りづらく十分な栄養を確保しづらいからというのが理由になります。しかし最近では地球温暖化の影響からか冬場でも出産するコウモリを増えています。このようにコウモリの生態は、その環境やシチュエーションによって変動することが想定できるため、まずはそのエリアの専門業者に相談してみるといいかもしれませんね。

その3【コウモリの寿命は他の害獣よりも長い】

10年以上も生きるコウモリもいる(30代/コウモリ駆除業者)

国内では、コウモリやハト、ネズミなどが害獣に指定されています。その中でもコウモリの平均寿命は比較的長いのが特徴です。ネズミの平均寿命が1年ほどであるのに対して、コウモリは10年近く生き続けると言われています。そのため繁殖能力の低いコウモリでも、放置しているとあっという間に多くのコミュニティを形成してしまいます。数が多くなれなるほどコウモリ駆除の工数もかかってしまうため、早い段階で対策を行なう必要があります。

TOPボタン