鳩駆除でも相手を知ることが大切【被害を最小限にするコツ】

コウモリやハトの駆除は業者に依頼してスパッと解決

鳩駆除は習性を把握することが重要

コウモリと同様に、多くの被害をもたらす害獣がハトです。平和の象徴でもあるハトですが、コウモリの時と同じく放置していると様々なトラブルを引き起こす種になる可能性があります。鳩駆除を行なう場合も、しっかりと相手を知ることから始めましょう。

鳩が住み着くまでの4つのステップ

最初の段階【休憩鳩】

ハトが住み着くまでのファーストステップが休憩鳩です。休憩鳩とは、次のポイントに移動するまでの休憩地点として一時的に滞在している状況のことを指しています。この段階ではそこまで大きな被害を受けることはありません。しかしこの状況を放置していると、「ここは安全な場所」と認識されいつのまにか次のステップに移行してしまうので要注意です。

長期滞在する段階【待機鳩】

休憩鳩の次は待機鳩と呼ばれるステップに入ります。待機鳩は餌を探したり、仲間の鳩を待つためのポイントとして利用するようになります。そしてこの段階に入ると本格的に寝床や巣として利用するのも時間の問題です。

いよいよ営巣目前の段階【ねぐら鳩】

待機鳩のステップを経ると、次はねぐら鳩と呼ばれる段階に入ります。ねぐら鳩はより、安全な場所を好むため、ビルの合間やベランダに設置された室外機の隙間、というような場所に長期滞在するようになります。滞在時間が長いねぐら鳩は糞や鳴き声といったトラブルがより顕著に発生するようになります

最終段階【巣作り鳩】

ハトが住み着く最終段階が巣作り鳩になります。読んで字のごとく、まさにその場所に巣を作り始める段階に突入するわけです。この段階に入ってしまうと、ハトの帰巣本能がより強くなっていることが予想できるため、一度の鳩駆除では駆除しきれないことも珍しくありません。最終段階に入っている場合、素人で鳩駆除を行なうのはかなり難しいため、速やかに駆除業者へ連絡し対応してもらいましょう。

まとめ

このようにハトはゆっくりと時間をかけて、安全を確認しながら巣を作っていきます。逆に考えれば、早い段階で鳩駆除対策を行なえば、効率よく営巣を阻止することを出来るということにもなります。帰巣本能があるハトは一度巣を作ると、完全に追い払うのがとても大変です。早い段階でアクションを起こし、トラブルを未然に防ぐようにしましょう。

TOPボタン